てんかん情報センター > FAQs > 薬の副作用 > 薬疹(薬物アレルギー)について教えてください

Q&A

薬疹(薬物アレルギー)について教えてください

 薬疹とは、お薬を内服することで体が反応し発疹や発熱などを生じることで、アレルギー反応として出現します。薬を内服開始後、数日から数週して発疹や発熱が生じることで気づきます。症状は様々な形で出現し、発疹だけでなく、のどの違和感や発熱から始まる場合もあります。発疹の形も様々で、小さくて盛り上がった湿疹のような場合もあれば、融合して大きな発赤疹として出現することもあります。かゆみを伴う場合も、伴わない場合もあります。したがって発疹の形やかゆみの有無などからは、薬疹なのかウイルス性感染症による湿疹なのかの判断が困難な場合があります。
 薬疹と区別する必要のある症状として、麻疹や風疹を代表とした発疹を伴うウイルス感染症や、薬剤とは関係のないいわゆる湿疹が挙げられます。発疹の出方や薬剤の内服を開始したタイミングなどを勘案して鑑別しますが、判断に迷うケースも少なくありません。血液検査で、特定の抗てんかん薬に自身のリンパ球が過剰に反応するかどうかをみる検査(DLST)があり判断の参考にはなりますが、結果が出るまでに時間を要し、かつ結果が陰性の場合にも薬疹であることを絶対的には否定できないことなどが問題となります。
 一般的に薬疹が軽症の場合には、原因となる薬剤を中止すれば速やかに症状は改善します。
 薬疹において特に注意すべき症状は、やけどのように皮膚が剥離したり、水泡やびらんが生じるといった症状や、目・口唇・陰部などの粘膜がただれるなどの症状です。これらの症状は、中毒性表皮壊死症やスティーブンス・ジョンソン症候群といった重症薬疹のサインかもしれず、そうであった場合には大量のステロイドによる加療を必要としますので、気づいたら早期に医療機関を受診してください。
 また薬疹の一つのタイプに、薬剤性過敏症症候群があります。これは新しい抗てんかん薬を内服してから発症するまで時間がかかるのが特徴で、多くは3週間以上、長いと1年前後たってから発症する場合があります。発熱と、かゆみが強い発赤疹が出現します。薬剤性過敏症症候群の場合、原因となる薬剤を中止してもしばらくの間症状が悪化することが一般的です。原因として、抗てんかん薬に加えてウイルス、特にHHV-6というウイルスが関与していることが多いことが分かっています。原因となった薬剤を中止した後も、多くの場合、ある程度の期間ステロイド剤の内服治療を必要とします。
 新しく抗てんかん薬を内服し始めた後に発疹や発熱が、特に数か月以内に出現した場合には、主治医の先生に連絡して対応を相談してください。