てんかん情報センター > FAQs > 生活の場面で > てんかんのための医療費の補助制度を教えてください

Q&A

てんかんのための医療費の補助制度を教えてください

年齢に関係なく利用できる制度

自立支援医療
■ 内容 外来医療費の自己負担が原則10%に
■ 対象 てんかん等で通院治療している人
■ 申請窓口 市区町村担当課
■ 備考 毎年更新 診断書は2年ごと
高額療養費
■ 内容 1ヶ月の医療費:自己負担限度額を超えた分の払い戻しを受けられる。入院の場合は“限度額認定証”の申請をすることで、自己負担限度額までの支払いとなる
■ 対象 健康保険加入者
■ 申請窓口 保険証発行元
■ 備考 健康保険証適応分が対象

こどもが利用できる制度

小児慢性特定疾病医療費助成
■ 内容 小児慢性特定疾患について医療費(外来・入院)の自己負担が原則として2割になる
■ 対象 West症侯群、結節性硬化症、レノックス・ガストー症候群、乳児重症ミオクロニーてんかん等 詳細はこちら
■ 申請窓口 保健所等
■ 備考 所得および重症度に応じて自己負担上限額が決まる
乳幼児医療費助成
■ 内容 乳幼児の医療費の自己負担全額もしくは一部を助成
■ 対象 市区町村により対象年齢が異なる
■ 申請窓口 市区町村担当課
■ 備考 市区町村により内容が異なる

条件に当てはまれば利用できる制度

重度心身障害児(者)医療費助成
■ 内容 重度の障害がある方の医療費の自己負担の全額もしくは一部を助成
■ 対象 重度の障害の認定を受けた人
■ 申請窓口 市区町村担当課
■ 備考 市区町村により対象、内容が異なる
難病医療費助成
■ 内容 指定難病について医療費(外来、入院)の自己負担が原則として2割になる
■ 対象 大田原症候群、限局性皮質異形成、内側側頭葉てんかん、スタージ・ウェーバー症候群などの指定難病 詳細はこちら
■ 申請窓口 市区町村担当課
■ 備考 所得および重症度に応じて自己負担上限額が決まる

その他の制度については、こちらをご覧ください。