てんかん情報センター > FAQs > 薬物治療 > 抗てんかん薬にはどのような種類がありますか?

Q&A

抗てんかん薬にはどのような種類がありますか?

薬物療法はてんかん治療の基本となります。ここでは、てんかんの薬物療法において使用される代表的な薬剤についていくつか紹介します。

主な抗てんかん薬の一般名、略語、商品名を以下に示します。

一般名(略号)商品名

  • フェニトイン(PHT)アレビアチン、ヒダントール
  • エトトイン(EHN)アクセノン
  • カルバマゼピン(CBZ)テグレトール、カルバマゼピン
  • フェノバルビタール(PB)フェノバール、フェノバルビタール、ワコビタール、ルピアール
  • プリミドン(PRM)プリミドン
  • ゾニザミド(ZNS)エクセグラン、ゾニザミド
  • バルプロ酸ナトリウム(VPA)デパケン、セレニカ、バレリン、バルプロ酸ナトリウム
  • エトスクシミド(ESM)エピレオプチマル、ザロンチン
  • ジアゼパム(DZP)ホリゾン、セルシン、ダイアップ、ジアゼパム
  • ニトラゼパム(NZP)ベンザリン、ネルボン、ニトラゼパム
  • クロナゼパム(CZP)リボトリール、ランドセン
  • クロバザム(CLB)マイスタン
  • ガバペンチン(GBP)ガバペン
  • トピラマート(TPM)トピナ、トピラマート
  • ラモトリギン(LTG)ラミクタール
  • レベチラセタム(LEV)イーケプラ
  • アセタゾラミド(AZA)ダイアモックス
  • スルチアム(ST)オスポロット
  • ピラセタム(PIR)ミオカーム
  • スチリペントール(STP)ディアコミット
  • ルフィナミド(RFN)イノベロン
  • ビガバトリン(VGB)サブリル
  • ペランパネル(PMP)フィコンパ
  • ラコサミド(LCM)ビムパット

主な抗てんかん薬の特徴について、簡単に説明します。

  • フェニトイン
    • 部分てんかんの発作、全般てんかんの強直発作などに有効です。
    • てんかん重積状態時に注射として使用されることがあります。
    • 血中濃度が変動しやすい性質があり、血中濃度のモニターが役立ちます。
    • 稀にアレルギーのある人があります。量が多いと眠気、ふらつき、複視などの副作用が生じることがあります。歯ぐきが腫れることがあります。
  • カルバマゼピン
    • 部分てんかんの発作に第一選択薬として使用されます。全般てんかんの発作は悪化することがあります。
    • 精神症状の改善にも効果が期待できることが報告されています。気分調整剤、三叉神経痛の薬としても使用されます。
    • グレープフルーツの摂取により、血中濃度が上昇することがあります。様々な薬物代謝酵素の誘導作用があり、併用している抗てんかん薬の血中濃度を低下させてしまうことがあります。
    • 稀にアレルギーのある人があります。量が多いと眠気、ふらつき、複視などの副作用が生じることがあります。
  • フェノバルビタール
    • けいれん発作に有効です。
    • 注射剤として、てんかん重積状態に使用されることがあります。坐薬もあります。
    • 眠気、気分低下などの副作用がみられることがあります。
  • プリミドン
    • 体内でフェノバルビタールとフェニルエチルマロナミドに代謝されます。
    • プリミドンの抗けいれん作用の多くは、体内で生じたフェノバルビタールによるものと考えられています。
  • ゾニザミド
    • 部分てんかんおよび全般てんかんの治療薬として有用です。
    • 併用している抗てんかん薬の血中濃度に影響を及ぼすことが少ないといわれています。
    • 食欲低下、結石、発汗減少、気分低下などの副作用が生じることがあります。
  • バルプロ酸ナトリウム
    • 全般てんかんの発作に第一選択薬として広く使用されています
    • 気分障害の改善効果もあります。また片頭痛にも使用されます
    • 徐放性製剤があり、1日の服用回数を減らしたり、胃腸系の副作用を減少させることなどを目的に使用されます。
    • 飲み始めに一時的に消化器症状や眠気が生じることがあります。体重が増えることがあります。高用量は妊娠には適しません。
  • エトサクシミド
    • 欠神発作に有効な薬剤です。
    • 稀にしゃっくりなどの副作用があります。
  • ベンゾジアゼピン系(ジアゼパム、ニトラゼパム、クロナゼパム、クロバザムなど)
    • 抗けいれん作用に加え、抗不安、催眠・鎮静、筋弛緩作用を持っており、てんかん以外の疾患の治療にも使用されています。
    • 他の抗てんかん薬の補助的な薬剤として使用されることが多い薬です。
    • 血中濃度と有効性の間にあきらかな相関が認められていません。
    • ジアゼパムの注射はてんかん重積状態の第1次薬として使用されます。
    • 副作用には、眠気、ふらつき、流涎などがあります。
  • ガバペンチン
    • 部分発作の付加薬として用いられます。ミオクローヌスは悪化することがあります。
    • 腎臓からほぼ100%排泄されることから、腎機能障害時には投与量を減らす必要があります。
    • 併用している抗てんかん薬の血中濃度に影響を及ぼさないといわれています。
    • 副作用は少ないですが、稀に眠気やめまい、体重増加があります。
  • トピラマート
    • 部分発作の付加薬として用いられますが、全般てんかんの発作や小児のてんかん症候群(ウエスト症候群など)の発作にも効果があります。
    • 併用している抗てんかん薬の血中濃度に影響を及ぼすことが少ないといわれています。
    • 錠剤を粉砕したときの苦味が強い薬です。
    • 食欲低下、体重減少、発汗減少、腎・尿路結石などの副作用があります。
  • ラモトリギン
    • 全般てんかんおよび部分てんかんの発作に付加薬あるいは単剤として使用されます。レノックス症候群の発作にも有効です。
    • バルプロ酸により血中濃度が上昇します。
    • 錠剤は水分がなくても服用できます。
    • 稀にアレルギーのある人があります。妊娠時には血中濃度が下がることがあります。
  • レベチラセタム
    • 部分てんかんの発作に付加薬あるいは単剤として使用されますが、全般てんかんの発作、特にミオクロニー発作にも有効です。
    • 併用している抗てんかん薬の血中濃度に影響を及ぼさないといわれています。
    • 腎機能障害時には投与量を減らす必要があります。
    • ごく稀に眠気やいらいら感などの副作用がみられることがあります。
  • スチリペントール
    • ドラベ症候群の発作に使用されます。
    • バルプロ酸およびクロバザムと併用して使用されます。
    • 主な副作用は眠気、食欲低下などです。
  • ルフィナミド
    • レノックス・ガストー症候群の発作に使用されます。
    • 他薬との併用で使用されます。バルプロ酸の血中濃度が上昇することがあります。
    • 主な副作用は眠気や消化器症状です。
  • ペランパネル
    • 全般てんかんおよび部分てんかんの発作に付加薬として使用されます。
    • 併用している抗てんかん薬の血中濃度に影響はありませんが、カルバマゼピンやフェニトインにより本剤の血中濃度が下がることがあります。
    • 主な副作用は眠気やふらつきです。このため就寝前に服用します。ごく希にいらいら感が生じることがあります。
  • ビガバトリン
    • ウエスト症候群(点頭てんかん)の発作(スパスム)に使用されます。
    • 主な副作用は視野障害、視力障害です。このため、指定された眼科での診察が義務づけられています。
  • ラコサミド
    • 部分てんかんの発作に付加薬として使用されます。
    • 併用している抗てんかん薬の血中濃度に影響はありません。
    • 主な副作用はめまい、眠気、頭痛です。