てんかん情報センター > FAQs > 薬物治療 > こんなときどうする?

Q&A

こんなときどうする?

1.薬を服用後、嘔吐してしまいました。この後、薬をどのように内服すればよいでしょうか?

薬を服用してから30分以内に嘔吐した場合は、同じ量の薬をもう一度服用してください。服用後30分以上経っていた時は、嘔吐物の中に薬(錠剤)が含まれている時はもう一度同じ内容の薬を服用し、見つからない場合は服用する必要はありません。粉薬や水剤も、服用後30分以上経っていれば再度服用する必要はありません。

2.薬を飲み忘れていたことに気づきました。どうしたらいいですか?

飲み忘れに気付いた時点ですぐに服用しましょう。例えば、1日2回の服用薬がある場合、朝の分の飲み忘れに夕方気付いたら、朝の分の薬を服用し、それからしばらく時間をあけて夕の分の薬を服用してください。1日1回服用の場合には、前日に飲み忘れた薬を服用することも大切です。

3.お酒は飲んでも大丈夫でしょうか?

アルコールは抗てんかん薬の代謝に影響します。相乗作用で眠気やふらつきなどが強まる可能性があります。睡眠深度を浅くする可能性もあります。過度のアルコール摂取は控えたほうが良いでしょう。

4.食事が摂れないときには、薬はいつ内服すればよいのでしょうか?

薬の吸収の点から、一般には食後に服用がすすめられています。しかし1日の分量を欠かさず服用することの方がはるかに大切ですので、食後に服用できない場合には、いつ服用しても構いません。

5.抗てんかん薬の効果に影響を与える食事はありますか?

食事療法をしている場合を除き、食事には特に制限はありません。
ただカルバマゼピンを服用しているときにグレープフルーツを摂取すると、カルバマゼピンの血中濃度が上昇すると言われています。カルバマゼピン服用中はグレープフルーツの摂取を控えるのが賢明でしょう。
セント・ジョンズ・ワートを含んだ健康食品はフェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタールなどの抗てんかん薬の血中濃度を低下させると言われていますが、継続して摂取しているのでない限り問題はないでしょう。

6.粉薬が苦くて子どもが薬を飲むのを嫌がります。何か工夫を教えてください。

粉薬が無理でも錠剤なら内服できるという子もいます。案外錠剤の方が上手に飲める場合もありますので、主治医と相談して粒が大きくない薬剤であれば試みてみるのも一つの方法です。
錠剤が内服できない場合には主治医に単シロップを処方してもらい、服用する直前に混ぜて飲ませてあげると苦みが軽減し飲んでくれる場合もあります。またオブラートや市販されている服薬補助ゼリーなどを利用するのもいいかもしれません。
錠剤でも粉薬でも、ヨーグルト、アイスクリーム、練乳などと一緒にあげると飲める場合もあります。しかし毎日のことですので、可能ならお薬だけで飲めるようにした方がいいのは言うまでもありません。