てんかん情報センター > FAQs > 薬の副作用 > 抗てんかん薬の副作用の一覧

Q&A

抗てんかん薬の副作用の一覧

主な抗てんかん薬の代表的な副作用を挙げます。

カルバマゼピン

比較的鎮静作用が少ない薬です。傾眠、 アレルギー性皮膚反応(発疹)、白血球減少症、低ナトリウム血症、振戦、心毒性、性機能障害など

バルプロ酸

体重増加、脱毛、膵炎、肝障害、卵巣機能障害、振戦、脳症、足浮腫など

フェノバルビタール・プリミドン

鎮静作用のある薬です。傾眠、 発疹、認知障害、気分変化、結合織障害、勃起不全など

ベンゾジアゼピン

鎮静作用のある薬です。傾眠、 分泌過多、鎮静など

フェニトイン

比較的鎮静作用が少ない薬です。発疹、血清病、多毛、歯肉増成、骨粗鬆症、失調など

ゾニサミド

食欲低下、体重減少、認知変化、精神病、腎石病、乏汗症など

エトスクシミド

胃腸障害、不眠、しゃっくりなど

スルチアム

四肢末端・口周囲のしびれ、頭重感など

トピラマート

傾眠、体重減少、眩暈、認知障害、緑内障、結石、乏汗症など

ガバペンチン

副作用が比較的マイルドな薬です。傾眠、眩暈、頭痛、体重増加、ミオクローヌスなど

ラモトリジン

服用当初のアレルギー反応を除けば副作用が比較的少ない薬です。発疹、傾眠、不眠、眩暈、頭痛、チック(小児)など

レベチラセタム

眠気・めまいなどの一般的なもの以外は副作用は少ない薬です。抑うつ、気分変動、易刺激性、神経過敏など

スチリペントール

消化器症状、体重減少など

ルフィナミド

眠気・めまいなどの一般的なもの以外は副作用は少ない薬です。

ペランパネル

眠気・めまいなどの一般的なもの以外は副作用は少ない薬です。易刺激性など

ビガバトリン

視野障害など

ラコサミド

眠気・めまいなどの一般的なもの以外は副作用は少ない薬です。頭痛など